鉄筋造りの集合住宅で雨漏りに見舞われた体験

バナー

鉄筋造りの集合住宅で雨漏りに見舞われた体験

親と一緒に住んでいた古い団地で雨漏りの被害に遭った経験がありました。

当時住んでいた団地は鉄筋造りの集合住宅でしたが、築年数が長いため建材の劣化が酷く、外壁には指が入る程の亀裂が生じていました。


また、室内も床やドアに歪みがあった他、天井にも雨水による黒いシミがありましたが、入居した当初は異常が無かったのでそのまま放置していました。
しかし、大雨が降った後になると床に水たまりが出来るようになり、雨漏りが生じていることを疑うようになりました。
そして遂に台風による豪雨によってシャワーのような雨漏りに見舞われてしまいました。



部屋が濡れただけではなく、近くにあった家具や家電製品も汚損してしまったことを建物の管理会社に抗議すると共に早急なリフォーム工事を要求しました。
管理会社は家具などの私物に対する補償は受け入れなかったものの、部屋のリフォーム工事に関してはすぐに専門の業者に依頼を行っていました。
鉄筋造りであることや雨水の浸食が酷かったことからリフォーム工事は長い日数が費やされ、室内の湿気を完全に取り除くために大量の除湿剤を使うことになりました。



工事が終わった後もしばらくの間は同じ部屋で暮らしていましたが、古い建物なので不具合が再発する可能性を危惧した親が別の住宅へ移住することを決めました。



現在では築年数が浅く、適切な防水処理が施されている一戸建ての借家に暮らしているので快適に毎日を過ごすことが可能になっています。

Copyright (C) 2016 鉄筋造りの集合住宅で雨漏りに見舞われた体験 All Rights Reserved.