実家の雨漏りを解消する工事が大掛かりになった話

バナー

実家の雨漏りを解消する工事が大掛かりになった話

両親が住んでいる実家は私が生まれる前からある古い作りなので、外壁や室内の天井などに傷みが生じている問題がありました。


特に屋根の部分はトタン板の継ぎ目が腐食していたので雨水が入り込んでいる可能性がありましたが、高齢の両親は自分で確認することが出来なかったのでそのまま放置していました。また、天井には黒いシミが複数出来ていたため、早くから雨漏りを疑っていましたが実際に水が落ちる事は無かったのも対処が遅れた原因でした。しかし、大雨が降った際に大粒の滴が天井から落ちてくるようになったことからようやく状況が悪くなっていることが分かり、両親は地元の内装業者に修理を依頼しました。
業者の検査によって屋根の継ぎ目に大きな穴が空いていたことや、天井を支える梁や周囲の壁などの建材が雨水による湿気で腐食していたことが判明しました。



そのため、雨漏りを解消するためのリフォーム工事は傷んだ建材や設備を丸ごと交換する大掛かりなものになってしまい、費用も当初の見込みから大きく増額してしまいました。

金銭面の負担が大きくなったのは困った問題でしたが、その一方で生活に大きな支障をきたす雨漏りが完全に解消されたのは喜ばしい点でした。

また、雨水の浸食に伴う湿気の発生によって体調不良に見舞われる心配が無くなったのも満足出来る事柄でした。



現在では両親と一緒に私の家族が実家で暮らしていますが、住み心地が良い環境の中で健やかに過ごしています。



Copyright (C) 2016 実家の雨漏りを解消する工事が大掛かりになった話 All Rights Reserved.