アメリカツアーでのスーツケース預け入れ

###Site Name###

TOP > アメリカツアーでのスーツケース預け入れ

アメリカツアーに行くときは、国内ツアーはもちろんのこと、その他の国のツアーとも異なる注意が必要になります。

それは、空港で預け入れるスーツケースなどの荷物です。アメリカからの出国時、あるいはアメリカ国内での乗り継ぎ時には、預け入れた手荷物についても単にX線検査が行われるだけではなく、当局の係員がスーツケースを開けて中身を確認することがあるのです。これはテロの可能性の高まりを受けてのもので、安全性の確保のために行われているのです。

スーツケースには鍵を掛けた上で預けることが普通とは思いますが、アメリカからの出国あるいは乗り継ぎ時には、この開封検査に当たるとたとえ鍵が掛かっていても壊してでも開けられてしまいます。法律上、当局の係員はそうする許可を与えられているためで、壊れた鍵については弁償してもらえません。

富士登山ツアーに関する企業の一覧です。

ですから、アメリカに関してだけは、スーツケースに鍵を掛けてはいけません。

京都のラフティングの情報を要約した情報サイトです。

ただし、最近では多くのスーツケースにTSAというマークが入っています。このTSAマークが入っているスーツケースに関しては、鍵を掛けても問題ありません。
当局の係員だけが持っている合鍵があり、その合鍵で開けて中身を検査した上で、また鍵を掛けておいてくれるからです。ちなみに、もしこの検査対象となった場合は、スーツケース内に1枚の紙が入れられます。

開封検査の対象となったことなどが英語で記されています。

見たことがある人は運が良かったのか悪かったのかは分かりませんが。